公開日: 2021年3月5日

アイデア色々オリジナル人前式

河合桃羽河合桃羽
  • シェア
  • twitter

皆様こんにちは!

プランナー河合と申します。

みなさんは人前式(じんぜんしき)という言葉を聞いたことありますか?

今までの結婚式ではキリスト教式が基本のスタイルでしたが、近頃人前式を選ぶ新郎新婦様が増えてきています。本日は魅力いっぱいの人前式についてご紹介します。

 

 

人前式ではオリジナルな結婚式が可能!

宗教や格式にとらわれず自由にオリジナルでできるのが人前式の特徴です。人と前の式と書く人前式は神仏ではなく、列席者に結婚の意志を誓い、ゲストの皆さんに証人になってもらいます。そのため、教会や神社の決まった場所ではなく、どこでも挙式を挙げることができます。

オリジナル挙式をプランニング

自由な場所で行えるということだけでなく進行もオリジナルにすることができます。キリスト教式や神前式では、決まった進行がありますが、人前式には決まった進行がありません。そのため、やりたい演出を入れたり、やりたくない演出をなくしたりできるのです。それでは、人前式でおすすめの演出をご紹介します。

リングボーイ、リングガール、リング〇〇

こちらは、結婚指輪を新郎新婦のもとへ届けてもらう演出です。親戚や友人のお子様ゲストにお願いしたり、お子様のいる新郎新婦様にはご自身のお子様にお願いする方が多くいます。リングボーイ、リングガールの登場は会場全体が和やかな雰囲気になります。お二人の大切な方にお手伝いしていただくことで素敵な結婚式になること間違いなしです。お二人の大切な方ですから可愛がっているペットや動物と一緒に行うのもとても盛り上がります。

ダーズンローズセレモニー

ブーケブートニアセレモニーの中でも人気のダーズンローズセレモニーを紹介します。

ダーズンローズセレモニーは12本のバラを使い行います。あらかじめゲストに渡しておいた12本のバラを新郎さんが回収をしながら入場します。その後に入場してきた新婦さんに12本のバラを束ねたブーケを手渡し、改めてプロポーズをします。新婦さんは「イエス」の返事として受け取ったバラの中から一本を選び新郎さんの胸にブートニアとして挿すという流れです。プロポーズをもう一度するなんてロマンチックですよね。

入場の仕方もオリジナルにしたい

一般的には新郎さんが入場してから新婦さんがお父さんと入場するのがよく見る入場ですよね。しかし、その入場の仕方も自由に選べます。新郎新婦お二人が仲良く一緒に入場したり、新郎さん新婦さんがそれぞれの両親、またはご兄弟やおじいさま、おばあさま、愛犬と一緒に入場など様々です。新郎新婦として一生に一度のウェディングロードを皆さんはどなたと歩きたいですか?

まとめ

人前式についてご紹介させていただきました。型にはまった式にしたくない、かしこまった場は苦手だという新郎新婦さんには人前式をおすすめいたします。参列ゲストと一緒につくる挙式は一体感があり、会場全体がひとつになります。大切な方々とつくる挙式はきっと一生の思い出になります。お二人らしいオリジナリティ溢れる式を作りましょう。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
河合桃羽

河合桃羽

静岡県浜松市出身のウェディングプランナーです。
お客様がウェディングで感じる「お困りごと」「お悩みごと」を解決できる情報とセントクロワールの日々行っていることをお届けしていきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Go to Top