公開日: 2022年4月11日 - 最終更新日: 2022年4月27日

フォトウェディングの費用を抑える方法!平均相場はいくら?

セントクロワール 秦野
  • シェア
  • twitter

こんにちは!
セントクロワールの秦野です。

コロナ禍ということもあり「結婚式はしないけれどカタチに残したい!」という方が多くなっています。
そこで注目を浴びているのが「フォトウェディング(ウェディングフォト)」です!

ただ「写真だけなのに高い、、」と思われる方も少なくないと思います。

そこで本日は、フォトウェディングの費用相場と、費用を安く抑える方法についてご紹介いたします♪

フォトウェディングの費用相場はいくら?

フォトウェディングには2種類ある

フォトウェディングは、

・館内や敷地内で撮影
・ロケーション撮影(ロケーションフォト)

の2つの場合で金額が異なります!

海辺や神社など会場から離れた指定の場所で撮影する場合、カメラマンや美容スタッフなどの移動費がかかるため、追加料金になっていたり、少し高く設定されていたりします。

これはフォトウェディングにおいて押さえておきたいポイントです!👍

費用相場はいくら?

ではいったい、費用はどれくらいが相場なのでしょうか??
過去のデータを参考に見てみましょう。

フォトウェディングの費用に関するアンケート結果

「5万円~10万円未満」と「15万円以上」が3割程度。これは館内撮影・ロケーション撮影での違いかもしれません。

また「10万円~15万円未満」の方も2割となっています。

全体として少しバラつきがあるのは、着たい衣裳の数や種類、撮りたい場所etc…当然ではありますがこだわった分だけ金額が上がってくるためです!

館内撮影とロケーション撮影の金額の違い

館内撮影に比べ、ロケーション撮影は3~5万円ほど高くなっていることが多いです!
移動費がかかるのは、基本的にはカメラマン・美容スタッフ・会場のスタッフです。

また、移動する距離などによっても料金が変わってきます。
使用する撮影会場の入場料がかかる場合も、別途料金が必要になるので頭に入れておきましょう。

費用の内訳はどうなってる?

フォトウェディングでは、以下のようなものに費用が掛かっています。

・カメラマンによる撮影
・写真データやアルバム
・衣裳
・小物・アクセサリー
・ヘアメイク
・アテンド(ドレスで歩く際の介添え)
・式場やスタジオの設備代

大体このような感じです。
会場によっては、すべてが含まれているものもありますが、含まれておらず追加オプションという形で料金が別途かかる場合もあります。
「かなり格安なフォトウェディングを見つけたけれど、よく見ると衣裳が含まれていなかった」ということが稀にあったりもしますので、プラン内容に含まれるものは注意して見るようにしましょう!

追加で費用が発生しやすいもの

・写真アルバムの作成

基本的に写真はデータのみでお渡し、というところが多くなってきています。
追加でアルバムを作ると、種類によって値段が違いますが、3万円~10万円、さらにページ数を増やしたりサイズの大きいアルバムにするともっと費用がかかってくることもあります。

・衣裳のグレードアップ

衣裳に関しては、いいものを見れば見るほど、それを選びたくなるものです。
ドレス自体の素材や形なども、こだわりだしたらキリがないほどに種類が豊富です。
モノによっては40〜50万円ほどするドレスもあり、ピンキリです!

妥協して決めるのはよくないですが、金額を抑えたい場合にはある程度の割り切りも重要になってきます!

・日程

日程は、土・日・祝日での撮影は、通常プランに追加で料金が発生することが多くなっています。
+1~3万円程度が費用相場です。

・撮影場所

ロケーション撮影にすることで追加料金がかかります。
また複数箇所での撮影や、遠いところでの撮影は当然ながらさらに料金が高くなってきます。

基本のプランにこれらの料金が含まれていることもありますが、基本のプラン料金が安くても、プランを希望通りにカスタマイズしようと思ったら追加料金をたくさん支払わなければならないケースもあります。
式場やプランを選ぶ前に、基本料金とオプション料金の内容をチェックしておくことが大事ですね!

費用を安く抑える5つのポイント!

フォトウェディングはお二人にとって大切な場面ではありますが、やはり抑えられる費用は抑えたいところですね。
賢く金額を抑えるコツを5つご紹介します!

①土日祝日や、繁忙期のシーズンを避ける

土日祝日は、基本に加え追加で料金がかかることも多くあります。
お二人のお休みを合わせて平日に撮影をすることで、1〜3万円ほど安くすることができることが多いです!(料金は会場によります)

また、土日祝日は予約が埋まりやすいのに対し、平日は比較的空いている確率が高いです。
そういう面から考えても、平日のフォトウェディングはメリットが多いと言えます。

そしてフォトウェディングの繁忙期はというと、桜が咲く春のシーズン、紅葉が実る秋のシーズンです!
このシーズンは、気温的にも暑すぎず寒すぎずでちょうどいいことから、フォトウェディングのみならず結婚式にも大変人気な時期となっています!

繁忙期を避けた平日のお日にちで撮ることで、多くのメリットが得られます♪

②衣裳を洋装にする

実は、衣裳は平均的に和装よりも洋装の方が安価になっていることが多いです!
ですので和装に特に強いこだわりがない方は、洋装にするのも一つの手です。

また高い衣裳を見ると、やはりそれを着たくなるものです。。
先述しましたが、上を見だしたらキリがないほどに、金額や種類も本当に様々。

ある程度のこだわりを持ちながら、お気に入りの衣裳を探すのをお勧めします♪

③衣裳を1着のみにする

基本のプランに衣裳1着が含まれていることも多いので、着数を増やすよりも、こだわりの1着にしてしまう方がかえって安くなることも。

会場にもよるのですが、1着のドレスをグレードアップする方が、2着着るよりも安く、満足できることも多くあるはず!
お気に入りの1着を見つけることで、本当の満足につながるというパターンもあるようです。

④割引のプランやキャンペーンを利用する

・友だち紹介キャンペーン
・季節限定割引キャンペーン etc…

会場によって、時期ごとにキャンペーンを出していることもよくあります。
このキャンペーンをうまく使うのがポイントです!

実は私たち静岡県掛川市の式場セントクロワールでも、現在期間限定で「新郎新婦応援キャンペーン」を行っています!
※実施期間は2022年7月31日までとなっております。

通常価格よりも5万円もお得に、ゲストハウスでのフォトウェディングが実現します!(ゲストハウスに関しては次項で説明しております)

ゲストハウスの中では非常に安価で、さらにキャンペーンを利用することでもっと満足していただけると、自信を持って言えます!✨

▼新郎新婦応援キャンペーン

 

⑤ロケーション撮影でなく、館内・敷地内撮影にする

館内・敷地内撮影は基本的にロケーション撮影より安いです。
そしてロケーション撮影だと雨が降ったときに撮影できず、キャンセル料がかかってくる場合もあります…。
館内撮影は屋内なので、雨が降っても大丈夫です!

また、ガーデン付きのゲストハウス(邸宅型の結婚式場)での撮影は、チャペルや披露宴会場で実際に結婚式をしているような写真も撮りながら、ガーデンでロケーション撮影のような写真も撮れるので一石二鳥♪

セントクロワールは、それが実現する結婚式場です!

白基調で、木や石畳が使われているシンプルで落ち着いたチャペルに、華やかな写真が撮れるバンケット、洋装にも和装にもよく合うガーデンとなっています。

1日1組限定の邸宅完全貸切になるので、
他のお客さんと会う事なく、お二人やご家族・ご友人との時間をゆっくり味わえる♪

また他にも、フォトウェディングが終わった後に、せっかく集まったご家族、ご親戚やご友人との会食・プチパーティープランもご用意しております!

お気軽にお問い合わせください😊

▼TEL
0537-61-1050
▼公式LINE
友だち追加

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フォトウェディングは結婚式よりは安いですが、「意外に費用がかかるなあ」と思われている方も多いのではないでしょうか。

今回お伝えした方法で抑えられる費用を抑えることで、自分たちのしたいフォトウェディングをしっかり叶えてくれる会場にお決めいただくことをオススメします♪

全ての金額がホームページには載っていないこともよくあるので、電話をして聞いてみたり、実際に行ってみたりして、お話を聞いてみることが大事です!

 

私たち、静岡県掛川市の結婚式場 セントクロワールでは、お安いプランを用意して、かつできるだけお二人の要望に沿ったご提案をさせていただいております。

少しでもお話を聞いてみたいなと思った方はぜひ下記連絡先より、お気軽にご連絡ください!

お二人にとって最高で素敵な思い出ができることを心より願っております♪

▼LINE友だち追加はコチラ!
友だち追加

▼公式SNSはコチラ!
公式Instagram
公式Twitter

▼その他連絡先はコチラ!
TEL:0537-61-1050
E-mail:info@st-croire.jp
営業時間:10:00~19:00(火・水曜休館日)

  • シェア
  • twitter
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Go to Top